HOME > 研修会のご案内 > 補綴治療を行うための基本8ヶ月コース > 実習準備物

実習準備物

【第6回】総義歯臨床のための診査・診断、総義歯の難症例にはこう対応する

【実習】e-Haを用いた総義歯人工歯排列、削合、歯肉形成の完成(前回の続き)
歯科医師の方々には排列を行っていただき、歯科技工士の方々にお手伝いいただきます。
・ 『臨床機能咬合学』(医歯薬出版)
・ 『デザイニング・コンプリートデンチャー』(医歯薬出版)
【歯科医師の方全員】
1.前回使用した模型付きプロアーチ咬合器と排列模型(石膏)
2.ワックス操作インスツルメント(用意しますが、可能な方はご持参下さい)
3.デンタルマルチルーラー(5月配布)
※技工用(往診用)エンジンは不要です。

・ 白衣(必須ではありませんが、着衣を汚さない為に)

【第7回】設計の6要素に基づくパーシャルデンチャーの的確な設計システム

【実習】パーシャルデンチャー設計(3ケース)
・ 『臨床機能咬合学』(医歯薬出版)
・ 『基本 クラスプデンチャーの設計』(医歯薬出版)
・ 『クリニカル・クラスプデンチャー』(医歯薬出版)
・ サベイヤー(お持ちの方はご持参下さい)※なくても構いません用意します。
・ デンタルマルチルーラー(5月配布)

【第8回】リジッドサポートの有効性とその設定基準

最終回は一般公開講演のため実習はありません。